iOSアプリ開発の依頼で押さえておきたい重要項目

開発の準備

パソコンを操作する女性

アプリ開発 を行なう上で重要な点はたくさんありますが、中でも初期準備としてターゲット選定や開発依頼先の企業選びを行なうことは非常に重要な要素と言えるでしょう。まずは準備をしっかり行なうことが必要です。

Read

デバイスの種類

システム

アプリ開発を依頼するときはOSの選択とデバイスの選択が必要ですが、iphoneのように1つのデバイスで複数の異なる機種がある場合は開発依頼時のプラン選択も異なってきます。

Read

独自開発の方法

スマフォ

スマートフォンのアプリ開発は専門企業じゃないと出来ないと考える方も多いでしょうが、実はそんなことはありません。PC操作のレベルに合わせた環境を整えることで、比較的敷居の低いアプリ開発が可能になっています。

Read

保守プラン

パソコンと男性

iosはデバイスの種類が多く、大抵の場合アプリ開発を専門に行う企業に依頼する事が多いです。そのためios専門のアプリ開発企業は国内でも非常に多く見つけることが可能で、最近ではクラウドソーシングを活用した個人開発依頼も増えてきています。そんなiosアプリ開発では基本的に保守開発が非常に重要とされています。というのもiosというOSはバージョンアップが激しいOSとしても有名で、約3ヶ月に一回ほどマイナーバージョンアップを行ない、1年に一回程メジャーバージョンアップを行ないます。マイナーバージョンアップであれば影響を受けなかったアプリだったとしても、メジャーバージョンアップだと動作ができなくなるレベルで障害が発生することもしばしばあります。つまりiosアプリ開発を行なうと基本的に1年に一回程度、iosのバージョンに準じたフィックスを行なう必要があり、アプリ開発企業に依頼するときはバージョンアップに対応したプランに加入する事が必要です。

各企業で保守プランの内容は大きく異なり、メジャーバージョンアップにしか対応しないというプラン内容の場合もあれば、マイナーバージョンアップにも対応し、ユーザーからの不具合報告に対しても適宜対応する事が出来るプランを持つ場合もあります。もちろんマイナーバージョンアップに対応したプランの場合コストが上がることは回避不可ですが、高コストでもユーザー満足度を高める方が戦略的に重要なこともあるでしょう。全ての開発企業でこのような保守プランがあるわけではないため、目的とする戦略に応じたアプリ開発依頼先を選定することも重要です。